Kボイス

キーワード

2018/01/11 6:53: 歴史への招待 83) 江戸開城

1868年〜9年(慶応4年から明治2年)の戊辰戦争は、鳥羽・伏見の戦いに始まり、彰義隊の上野戦争、奥羽越列藩同盟の成立と北越・東北戦争、函館五稜郭の戦いまでの、一連の幕府軍・旧幕府軍と官軍の戦いを言う。
慶応4年は明治元年に改元しているので、足かけ2年の戦いであった。

その中で、江戸城の無血開城は、ただ単に官軍が旧幕府軍を圧倒屈服させ、開城させたものではないと言う点で異色であり、また西郷と勝の二人の会見だけで成ったと言うことも奇跡としか言いようがない。

何故なら薩摩・長州らの官軍が、強大な軍事力と最新兵器で、旧幕府軍を圧倒したかに思える戊辰戦争だが、実は一部装備・訓練も行き届いた薩長軍が存在したことは事実としても、数・質に勝る軍事力を備えていたのは、旧幕府軍・徳川家側だったのだ。
鳥羽・伏見の戦いも、初戦で敗退したが、大坂には万を超える備えがあったにもかかわらず、慶喜が朝敵となることを恐れて江戸へ逃げ帰り、負けが確定した。

鳥羽・伏見の敗戦で、大政奉還と、その後の王政復古にも懐疑的で日和見だった西国諸藩は、雪崩をうって官軍側についた。
親藩・譜代・外様の区別なく、箱根以西で徳川方の藩はないと言えるくらいの大変貌だった。
しかし、関東・東北の諸藩は、薩長中心の官軍に従うことを良しとせず、徳川方は、いまだ十分官軍に対抗できる勢力を保っていた。
しかも、海軍力は圧倒的に徳川家側が優勢であった。

朝敵慶喜を討つとの名目で発せられた東征軍と旧幕府軍が全面戦争に至った場合、日本は未曽有の内乱状態となる。
薩長を支援する英国、徳川家を支援する仏国。どちらが勝つにしても国内は疲弊し、欧米列強の介入を招くことになっただろう。

内乱を防ぐことになった「江戸開城」は、戊辰戦争と明治維新の行く末を決定付ける出来事だった。
絶対恭順と徳川家の覇権回復に揺れ動きながらも最終的に恭順を貫いた慶喜も評価されるべきだが、何と言っても、多くの幕臣から裏切り者扱いされながら、当初より内戦回避、絶対恭順を唱え続けた勝海舟と、血の犠牲を求めて止まない討幕派の人々を抑え切り旧幕府軍・徳川家との全面戦争を避けた西郷隆盛は、やはり傑人と言うしかない。


「江戸開城」海音寺潮五郎著 新潮文庫 978410115709


橋本

2018/01/05 14:57 【店頭スナップ】SuperKaBoS新二の宮店

新二の宮店では、干支の戌が皆様をお出迎えしております。
今年も、お客様が足を運びたくなる書店を目標に
スタッフ一同、より一層努力いたします。

 SuperKaBoS新二の宮店 

2018/01/01 9:02: 歴史への招待 82) 天翔ける

「なき数によしやいるとも天翔(あまかけ)り御世を守らむ皇国(すめぐに)のため」
春嶽、享年六十三。辞世の歌である。

春嶽は徳川一門、御三卿田安家に生まれた。
本名は慶永、幼名は錦之丞である。十一代将軍家斉は伯父にあたり、十二代将軍家慶は従兄である。
御三卿の家に生まれた者の務めは、将軍となるかもしれない日に備え、日々勉学に勤しみ、己を鍛えることだった。
毎日、早朝に起きると自分で髪を整え、身支度をし、「大学」「論語」の素読をする。午後からは「手習稽古」などに励む、読書好きな子供だった。

天保九年(1838)春、慶永は将軍家慶の命により、十六代越前福井藩主となった。
十一歳の少年藩主である。
藩主慶永の側近、御用掛となったのは国学者である中根靫負(雪江)だった。
教育係りとして藩主としての責務を厳しく説く靫負の言を入れ、慶永は藩政改革に乗り出していく。
旧守派の家老らを退け、人事の刷新を図り、橋本左内ら人材登用で、改革に成果を上げた慶永は、積極的開国論に藩論を転じ、将軍継嗣問題にも深く係わるようになる。
左内らの尽力にもかかわらず、井伊直弼ら南紀派との政争に敗れた春嶽は、隠居を命じられ、逼塞を余儀なくされるかに思われた。が、
「百折不撓(ふとう)」(何度挫折してもくじけない)

思い直した春嶽は、熊本より横井小楠を招き、更なる改革に邁進する。小楠の指導により藩財政を立て直した春嶽は、政治総裁職として、将軍後見職の一橋慶喜や春嶽とともに四賢侯と言われた土佐の山内容堂、宇和島の伊達宗城らとともに、難しい国政の舵取りに向うことになる。

ペリー来航以来の未曽有の国難に際しても、「私」私利私欲、から逃れられない幕府、諸藩、公家らをしり目に、一人「公」国と民、のための政を貫こうと孤軍奮闘した春嶽。
政治を行うには清廉過ぎた春嶽。春嶽の目指す挙国一致は結局実現せず、薩長中心の討幕勢力により維新が実現する。しかし政界を退いた後も春嶽は国の行く末を案じ続けたようです。
辞世に国を思う気持ちが込められています。


「天翔ける」葉室麟著
KADOKAWA 978404105720

橋本