Kボイス

キーワード

2017/11/11 6:01: 歴史への招待 77) 利休の闇

足軽大将、藤吉郎二十八歳。
誰もがあっけにとられる大出世だが、当の藤吉郎本人は全く満足などしていない。

「何かが足りない」。自分に足りないものは何かを探し求める藤吉郎が、もしやと思い当たるのが、この頃流行の、茶事だった。
主君信長は、上洛を契機に将軍家、公家らとの付き合いから茶事に身を入れるようになる。
茶事を愛でることは優雅さ、上品さを現し、尊敬を集められる。そんな効能があるようだ。

藤吉郎も喫茶の作法を学ぼうと、織田家出入りの茶人今井宗久や津田宗及に密かに願い出るが、足軽大将ごときに教えられないと断られてしまう。
屈辱と途方に暮れる中、救いの手を差し伸べたのが、同じく織田家出入りの茶人千宗易(後の利休)だった。

初めての茶席は、宗易の弟子を見よう見まねで、つつがなく経験できた。
宗易から感想を求められると、「易しい事をわざとめんどくさく難しくしている茶道に困惑している」と述べたが。
「たかが茶道、されど茶道。すべてが遊びにすぎないが、されど遊びは難しくするほど奥が深く、面白くなる」と返される。
師宗易と弟子秀吉のつながりはこの日から始まった。

弟子入りから十余年。
宗易は、信長の「茶の湯御政道」に欠かせぬ茶頭となり、秀吉も中国方面軍司令官として確固たる地位を固めていた。
その頃の秀吉から宗易への書状の表書きは「宗易公」であり、宗易から秀吉へは「筑州」。師匠と弟子の関係は続いていた。

この関係に変化が訪れるのは、本能寺以降である。
謀叛人明智光秀を討ち、翌年柴田勝家を破ると、織田家で秀吉に対抗できる勢力はなくなる。
紆余曲折するも、家康も臣従し、毛利、上杉もなびくと、九州征伐、北条征伐、奥羽征伐と天下取りへの道を突き進み、瞬く間に秀吉は天下人となってしまった。

天下人となった秀吉と宗易の関係は、秀吉からは「宗易」と呼び捨て、宗易からは「秀吉さま」に変わったが、蜜月と言われる良好な関係は続き、表向きのことは秀長に、内々のことは宗易にとまでいわれるほどの信頼関係を築いていた。

ある時、「宗易の自邸の庭に美しい朝顔が咲き乱れているらしい」そんな噂を聞きつけた秀吉は、宗易の屋敷に密行した。
「ありのままが見たい」から、早朝の電撃訪問に係わらず、前日の深夜にしか知らせなかった。
しかし、秀吉の見た光景は悲惨の一語に尽きた。花もつぼみもすべて刈り取られていた。

さらに不快なことは茶室への入り口が「にじり口」しかなかったことだ。
にじり口は、入る時も、出る時も頭から先に、首から先に出るから無防備状態となり、いやしくも武将の、まして関白である自分の取るべき姿ではない。

ようやく中に入り、顔を挙げると、床に紫の朝顔が一輪生けてあった。
「一点への美の凝縮」意味するところは解るし、効果も絶大だ。しかし、「花は野にあるままに」宗易自身の教えに背くものではないか。

この時生まれた秀吉と利休の亀裂は、その後茶の湯の考え方の違いから決定的なものへと進んでいく。
黄金の茶室に代表される豪華絢爛な茶、北野の大茶会のような一般大衆に広く親しめる茶を是とする秀吉。
対して、詫びさびを追及し、茶道の規則を細かく定める利休。
「たかが茶道、されど茶道。」
退くに退けない二人の対立は、悲しい結末を迎えることになる。


「利休の闇」加藤廣著 文春文庫 978416790938

橋本

2017/11/01 6:01: 歴史への招待 76) 翻弄(盛親と秀忠)

長宗我部盛親は、関ヶ原の東のはずれ南宮山の麓に布陣していた。
元々、上杉征伐に参加するため大坂に上ったが、家康は東征に出た後だった。さらに驚くことに公儀の軍であったはずの家康ら東征軍は、賊軍となり、毛利を総大将に家康を討つという。

公儀に逆らう訳にいかず、西軍に属し南宮山に至る。
開戦後の戦況は、山の向こうなので全くわからない。南宮山に布陣する毛利の後詰を命じられたため、前出ることもかなわない。

苛立ちと焦燥の中、思いがけない一報が。「御味方、総崩れ」
西軍は、小早川秀秋の裏切りと、毛利の内応により、あっけなく崩れ去った。
敗走の中にも、軍を纏め、池田輝政、浅野幸長の追撃を一蹴し、大阪へ退いた。

再戦を望む諸将をしり目に、豊臣家は家康方東軍を公儀の軍と認め、盛親ら西軍を賊軍として、保身を図る。
戦らしい戦をしておらず、家康に刃向ったつもりのない盛親は、武装抵抗派と恭順派の狭間に立たされるが、家康家臣井伊直政を頼り、大坂屋敷で謹慎する。
しかし、見せしめのためもあり長宗我部家は改易となった。

一方の、秀忠は徳川家主力軍を率い、中山道を進む。
西軍に付いた上田城の真田昌幸、信繁親子を鎧袖一触、血祭りにあげようとするが、巧みな戦術に阻まれ無為に時を過ごしてしまう。
家康から、美濃へ急行せよとの書状を受けて、あわてて西上するが長雨にも祟られ、痛恨の関ヶ原への遅参。
戦勝祝いと遅参の詫びに家康を訪ねても、会ってももらえない。
さらに、関ヶ原で同じく初陣の弟忠吉は、島津豊久の首級を挙げる手柄を立て、豊臣諸将の絶賛を浴びているという。

苦悩する秀忠を救ったのは、父家康の冷徹な判断だった。
家臣の多くは、秀忠と共に関ケ原には参戦できず負い目を感じている。ここで世継を忠吉に変えるならば、家康以後、家中は割れる。
これからの世は、戦巧者ではなく、政の巧みな為政者が求められる。家中の不和は最も忌むべきことである。
大人しく意のままになる秀忠は、世継ぎとして残ることが出来た。

関ヶ原から十余年。
家康の温情を待ち続けた盛親も限界に達していた。
豊臣と徳川が一触即発となり、豊臣から土佐一国をとの誘いを受けて、大坂に入城。
大坂冬の陣、夏の陣で長宗我部の武威を示すも、望み叶わず囚われ打ち首となる。

秀忠は、最後の戦い、大坂の陣に長年の汚名挽回と奮い立って参陣するも、夏の陣では戦況を見る目がなく、軍を混乱させ豊臣方に付け込む隙を与えただけで終わった。

関ヶ原の戦いで運命に翻弄された二人。
一瞬の判断が、取り返しのつかない結果を招く。と言い切るのは当時の若い二人には少々酷な話かもしれない。

運命と家康に翻弄され続けた二人が解放されるのは、盛親は自身の死によって。
秀忠は、大坂の陣翌年の家康の死によってだった。


「翻弄 盛親と秀忠」上田秀人著 中央公論新社 978412005005


橋本

2017/10/21 6:00: 歴史への招待 75) 三人の二代目

関ヶ原の戦いは、徳川家康と石田三成の闘いと言われる。
確かに西軍をまとめ上げ関ヶ原を演出したのは三成の卓越した手腕であり、彼の存在を欠くことは出来ないが、三成自身は近江佐和山19万石の中堅大名にすぎない。

関ヶ原の前段となる上杉征伐の一方の当事者、上杉景勝は会津・米沢・庄内・佐渡の120万石、西軍総大将毛利輝元は中国八ヶ国120万石、関ヶ原の西軍主将宇喜多秀家は備前美作57万石。
いずれも三成を遥かにしのぐ大大名であり、西軍の主力と言える面々である。

東軍の将は、言わずと知れた徳川家康、関東七ヶ国255万石の太守。石高だけでなく、その戦歴、諸大名への影響力は、他を圧して秀でている。
家康は、今川家に臣従する一被官的立場から、桶狭間を経て織田信長と同盟自立し、秀吉政権下でも重きを成す。ほぼ一代で250万石の大大名に成り上がった、したたかな戦略家である。

他方の西軍の各将は、景勝、輝元、秀家いずれも偉大な父(輝元は祖父)の後を継ぐ二代目的な大名で、父の名声に比して貧弱な自分の統率力から、父の残した有力家臣を抑えきれず、絶えず難しい舵取りに終始せざるを得なかった。

物語は、越後春日山から始まる。
お館様上杉謙信が急死し、跡目争いが勃発した。謙信の二人の養子、甥の景勝と姪の婿北条氏康七男の景虎。上杉家中を二分する御館(おたて)の乱だ。
北条氏政と武田勝頼の介入を招き、景勝危うしと思われたが、勝頼を利によって誘い、北条を牽制させ、北条氏の本格的介入を阻止し、御館の乱に勝利出来た。
しかし、国人の三割が敵方に走り、三割は日和見、味方の四割も景勝の威に服したわけではない。

方や、備前岡山では、幼くして父直家の遺領を継ぐ秀家と母お福は、あわよくば直家の後を襲いかねない叔父忠家や万石以上の有力家臣多数を抱え、宇喜多の家と秀家の存続を計る。
家中を纏め秀家を保護してくれる人物として、秀吉に狙いを定め、秀吉の猶子となり、全面的に依拠していくことになる。

もう一人の輝元も、祖父元就の遺言から二人の叔父吉川元春、小早川隆景に何事も計らざるを得ず、毛利家の総領とはいいながら何も思い通りにならない。
さらに、大国毛利と言いながらも、有力国人の集合体であり、総領輝元は信長のような絶対君主ではなく、盟主的存在にすぎない。

その後、本能寺の変から秀吉の天下制覇、豊臣家の隆盛の時を迎えたが、朝鮮の役、秀吉の後継ぎ問題から、豊臣家から民心が離れてしまう。
秀吉亡き後の天下人は誰か。
最有力大名、家康が天下人となるのか。豊臣恩顧の大名が秀頼を支え豊臣家が続くのか。
はたまた、戦国の世が再来するのか。

情報伝達の未熟な時代。各大名は家の存続をかけ、その去就を決めなければならなかった。
家康は、目的を天下取り一点に集約し、与党を募り、あの手この手で攻勢を計る。
一方の二代目達は、どう動いたのか。
三人が纏まり、目的を打倒家康に絞り切れれば、家康に充分対抗できたはず。しかし、当事者は歴史の結果を知らない。

家康と三人の二代目は何を考え、歴史はどう動いたのか。



「三人の二代目」(上巻)堺屋太一著 講談社文庫 978406281724
「三人の二代目」(下巻) 978406281725


橋本