Kボイス

キーワード

2017/11/12 8:02: 歴史新刊「西郷隆盛と勝海舟」

「西郷隆盛と勝海舟」 安藤優一郎著 洋泉社新書 978480031355

西郷隆盛と勝海舟の出会いは、蛤御門の変以後、西郷が第一次長州征伐の参謀に選任された頃である。
幕臣でありながら雄藩連合を支持する海舟との出会いが、西郷を大きく変える。

公武合体から雄藩連合、さらには尊王討幕へと藩を欺いてでも導いていく。
東征軍にあっては、長州らの恨みを抑え、江戸城無血開城を成し遂げた。

幕臣勝、討幕軍西郷、立場の違いを乗り越え、日本国を西洋列国の魔の手から救うために奔走した二人。二人は対極にありながらも、最大の理解者であり続けたのでした。

2017/08/29 19:31 歴史新刊「ハプスブルグ帝国」

「ハプスブルグ帝国」 岩ア周一著 講談社現代新書 978406288442

ハプスブルグという名の国はなかったが、ハプスブルグ家はヨーロッパでもっとも著名な王家の一つである。
16世紀、カール5世の時代には、神聖ローマ帝国皇帝としてオーストリア・ドイツを傘下に入れるだけでなくイタリア、スペイン、ネーデルランド(オランダ・ベルギー)、さらには新大陸、フィリピンまで支配し、「太陽の沈まない国」と呼ばれた。

そのハプスブルク家の起源は、12世紀フランス・ドイツ・スイス三国が境を接するライン川上流の豪族に過ぎなかった。
本著は、ハプスブルク家の由来から、次第に勢力を拡大し大帝国を築き、また衰退していくまでの1000年の物語である。

2017/08/17 20:24 歴史新刊「歴史の坂道」

「歴史の坂道」中村彰彦著 中公新書ラクレ 978412150591

歴史作家、中村彰彦氏のエッセイ集です。
歴史の面白さは、華々しい合戦だけではない。歴史書や歴史小説には書かれていない裏話・余話を知ることは、歴史を表面的にとらえるだけに止まらず、そこに生きた人々をより深く知ることにも繋がっている。

中村氏のエッセイ集は、氏が小説・史論を書くために、史料を調査・発掘した過程で生まれた副産物のようなもので、内容は多肢にわたり非常に興味深いものです。

一例を挙げると、滝廉太郎の「荒城の月」の舞台は、会津の鶴ヶ城だった。
その他、全54編のエッセイ集。お楽しみください。