Kボイス

キーワード

2017/12/13 10:55 【宮下奈都さんの新刊エッセイ集 入荷しました!『緑の庭で寝ころんで』】本店

宮下奈都さんの新刊エッセイ集『緑の庭で寝ころんで』が発売になりました!!
福井新聞社『fu』で連載の「緑の庭の子どもたち」4年分が完全収録されているほか、本屋大賞受賞についてや、読書日記、単行本初収録の創作など、宮下さんのあゆみがたくさん詰まった宝箱のような1冊です。

やさしくて、穏やかで、おもしろくて、ふんわりとやわらかいのに、どこか凛としていて・・・個人的な印象ですが、まるで宮下さんの人柄そのものみたいな雰囲気のエッセイ集だと思います。
読んでいると、宮下さんや宮下さんのご家族、いろんな人たちの笑顔が浮かんできて、こちらも自然と笑顔になりました。
3人の子どもさんたちが、素直でおもしろくて、すごくかわいいです。特に娘さんのかわいさ!何度も笑い、何度も癒されました。

笑顔とよろこび、そして、しあわせいっぱいのエッセイ集です。しあわせって、思ったよりもすぐ近くにあるものなのかもしれません。そんなことを思って、なんだかワクワクしてきました。

宮下さんファンの方がこのエッセイ集を読めばきっと、今よりもっと宮下さんのことが好きになると思います。宮下さんの小説を読んだことのない方が読めばきっと、宮下さんの小説を読んでみたくなると思います。担当者が心からおすすめいたします。

『緑の庭で寝ころんで』、実業之日本社、1728円、9784408537177

2017/12/12 12:24 【もうすぐクリスマス】SuperKaBoS新二の宮店

《 もうすぐクリスマス。
  KaBoS新二の宮店では、みなさんからサンタさんへの
  お手紙を募集しています。
  お店の入り口にある紙にサンタさんへお手紙をかいて
  クリスマス☆ツリーに貼り付けてください。
  きっとサンタさんが見にきてくれますよ♪ 》

2017/11/27 18:25 【おすすめの本】『屍人荘の殺人』本店

今年読んだミステリの中で、個人的には断トツのおもしろさでした!
とにかく、とにかく、読んでみて下さい!

大学生・夏休み・合宿・ペンション・密室・・・と言うと、なんだか、ミステリにありがちなキーワードで、なんとなく展開が予想できますよね?
この作品も、こんなキーワードの通りに話が進んでいくのです・・・が!!
途中で「まさかの展開」が・・・この「まさかの展開」が本当にとんでもない!(いい意味で)
正直、一瞬、「えーーっ、そっち!?」と思いましたが、読み進めるうちに、あまりのすごさに心臓がバクバクしました。おもしろすぎてバクバク、これは今とんでもなくすごいミステリと出会っているのではないかという興奮でバクバク、「まさかの展開」が起きてからはページをめくる手がとまらず、一気読みでした。

キャラ、設定、この展開でしかありえない謎、動機、どこをとってもすごすぎて、惚れ惚れしてしまいます。
読めばきっと、強烈に印象に残るミステリになると思います。この作品と出会えたことは、私の中ではひとつの大きな出来事になりました。
さっきから何度も「すごい」という言葉を使っていますが、本当に、本当に、すごい作品です。
担当者が自信を持って、猛烈におすすめいたします。読むときっと、誰かに自慢したくなるくらいのおもしろさだと思います。たくさんの人に読んでもらいたいので、もし誰かに自慢したくなったら、ぜひ自慢して、この本をどんどんおすすめして下さい!!

最後にひとつ、この作品を最大限に楽しんでいただくために、本の最後のほうに載っている参考文献のページは先に見ないほうがいいと思います。あと、これは先に見てしまっても大丈夫なのですが、冒頭の登場人物紹介のページで、もしもちょっと気になる箇所があったとしても、できるだけ考えずにスルーして読み進めて下さい。登場人物は多めですが、それぞれ覚えやすい名前になっているので、個人的には登場人物紹介は読まなくても大丈夫なくらいだと思います。

『屍人荘の殺人』今村昌弘、東京創元社、1836円、9784488025557


本店 樋口