Kボイス

2017/11/06 9:34: 【おすすめの本】KaBoS宮前平店

人生は選択の連続である。

これは我々の実生活においてそうであるように、物語の登場人物たちにとっても変わることはない。物語の重大な局面において選択を迫られた際、多くの場合(もちろんそうでないものも多数あるが)、主人公たちは勇気ある決断―倫理的に正しい選択でもって前へと進んでいく。しかし、誰もがその選択をできるわけじゃあない。

『恥知らずのパープルヘイズ』。この作品はそのような選択をできなかった少年の物語である。

本作は人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』のスピンオフ小説であり、主人公たちのチームからドロップアウトしてしまった少年が、その時の自らの選択、ひいては今までの人生を振り返りながら自らのあり方を模索していく様が描かれている。

原作コミックをすでに読んでいることが大前提となる、という点で若干ハードルの高い作品ではあるものの、そこで描かれていることは誰もが共感出来うるであろう、非常に普遍的なものとなっている。
一方で原作のファンが読んでも「今自分が読んでいるものは作者も違えばコミックでもない、だが確かに『ジョジョ』である。」という実感を十分に得られるほど、原作の世界観に忠実に書かれているおり、違和感なく読み進めることができる。また、この度の文庫版巻末にて収録された解説も非常に読み応えのあるものとなっている。
原作コミックを読んだことのない人にもおすすめしたいところではあるが、まずは原作履修済みの方ならばぜひとも手にとっていただきたい一冊。